FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマト2199

1719.jpg

不朽の名作、実に40年の時を経て地上波放送復活!

古いだけあって色々ツッコミどころ満載だった旧作を、後付けサクサク設定でのリメイク。

圧倒的戦力差で人類を絶望の底に叩き込む第1話の冥王星沖海戦では、やはり旧作と同様、

国連宇宙軍旗艦キリシマ以下、ガミラス艦隊に完膚なきまでに叩き潰された。

ただ旧作と違ったのは、古代守艦長の突撃駆逐艦ユキカゼが驚異的操船を見せ、

ガミラス艦を撃沈してしまうなど、ミョーに活躍した事。

プラモデル連合宇宙艦隊セット1の説明書によれば、試製空間魚雷を使用したとか。

だったら国連宇宙軍全部、突撃駆逐艦でいいじゃん。

それに説明書の設定によれば、戦艦キリシマの艦首も大口径主砲なんだから、

横向きじゃなくて艦首を敵艦に向けて、突撃した方が戦果があったような。


スポンサーサイト



国連宇宙軍艦隊旗艦宇宙戦艦

1708.jpg

沖田艦としか呼びようが無かった艦も、今や立派な艦名を持つようになった。

宇宙戦艦ヤマト2199によると、金剛型宇宙戦艦キリシマなんだと。

磯風型突撃宇宙駆逐艦ユキカゼに、国連軍のトップは沖田・土方・山南。

原作に忠実とはいえ、この作品における外国人の存在の無さと言ったら。

もしかするとアメリカ所属軍などは、先の会戦で既に全滅していて、

最後に残ったのが日本所属軍なのかもしれないが。

1600円ぐらいした松本零士ユニバースシリーズ、宇宙防衛連合艦隊艦隊旗艦だが、

こちらはまあまあの大きさがあって、突撃駆逐艦に比べガッカリ感は無かった。

ただヤマトと比べると、やっぱりなんとなくサイズが小さい感じがする。

宇宙戦艦ヤマトの世界では、大きさは強さという絶対的価値観があって、

特に白色彗星帝国の、都市帝国と超巨大戦艦から顕著になるが、

この異星種国家との最初の戦闘では、別の描写があっても良かったかな。

旧式で鈍重な、大型宇宙戦艦をはじめとする国連宇宙軍の連合艦隊が、

ガミラス軍の小型デストロイヤー艦に、ことごとく駆逐されていくみたいな。

丁度、機動戦士ガンダムのルウム戦役のイメージで。

それでこそ突撃宇宙駆逐艦ゆきかぜの奮闘も、説得力を帯びてくる。

国連宇宙軍突撃宇宙駆逐艦

1707.jpg

古代艦ゆきかぜとして知られている宇宙駆逐艦。

松本零士ユニバースシリーズとして、1/500でキット化されていたので、

週刊デアゴスティーニ宇宙戦艦ヤマトファクトファイルの完結特典、

1/665宇宙戦艦ヤマトと並べてみた。

設定によれば突撃宇宙駆逐艦の全長は、80メートルだとか。

これでは駆逐艦というよりも、ほとんど魚雷艇レベルなような気が。

値段が1500円ぐらいした割には、中のキットが思いのほか小さくて、

160円のメカコレクションのサイズと、大して違わないという悲しさ。

松本零士ユニバースシリーズの、突撃駆逐艦の箱絵には、

ニュートラルグレーを基調にした、現実的な塗装例が記されていたりするが、

やっぱり古代艦と言えば、このいかにもヤラレメカ然とした配色でないと。

ガンダムカラー缶スプレーの白・赤・黄を使用し、

メカコレクションと同時並行で着色していったが、

全塗装してしまうとやっぱり、値段ほどの差が無かったりする悲しさ。

宇宙戦艦ヤマト2199

アニメ情報に疎いモンで、ヤマトがリメイクされていると初めて知った。

CS放送で一話目を見たが、まあまあ及第点は与えられる出来だと思う。

圧倒的戦力差に地球軍が苦杯をなめた、冥王星会戦の真の目的も明かされたし。

まあ冷静に考えると、設定にいろいろツッコミどころはあるが、

沖田艦も古代艦も描写がカッコ良く、それだけで大満足。

戦艦である沖田艦の主砲が、装甲で弾き返され通用しなかったのを差し置いて、

駆逐艦である古代艦が、ちゃっかりガミラス艦二隻撃沈をマークしてたし。

って言うか魚雷でガミラス艦が沈むんなら、最初から駆逐艦戦隊は散開して、

格闘戦に持ち込んでおけば、あれだけ一方的展開にはならなかったような。

ヤマト復活でとにかく期待したいのは、ヤマト艦艇のプラモデル展開。

ガミラス艦は当然として、シュルツ艦あたりも十分期待できそう。

多分1/700か1/1000での展開になるだろうが、永遠に・III・完結編含めた、

ヤマトメカコレクションスケールでの展開も切望。

SPACE BATTLE SHIPヤマト

そうか、ブルーメンのガミラス星人は居なかったのか。

酷評しか聞こえてこないので生暖かく見ていたが、案外楽しめた。

キムタクファンにとっては、イスカンダル物語として。

アニメ旧作を知る者にとっては、ツッコミどころ満載のネタ動画として。

中でも第三艦橋ネタと、強攻型アナライザーは爆笑モノ。

あとキムタクに限らず全体的に、演技がふわふわしてた。

ビッグネーム揃えていたのに。

結局の所、ガミラスが何なのかイマイチ分からずじまい。

まあCGも頑張っていたし、トランスフォーマー程度には面白かったと思う。
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

残り火ゲーマー

Author:残り火ゲーマー
非プレイ主義の世界へようこそ!

提案
ユニット自作の定番アイテム





検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード