FC2ブログ

サターン「センチメンタルグラフティ」

1202.jpg

AKBゲームの初回限定版予約が凄い事になっているらしいですが、

初回限定を巡る狂想曲と言えば「センチメンタルグラフティ」。

ときメモを超える恋愛ゲームの新標準到来という触れ込みで、

ゲーム雑誌を巻き込んだ大々的プロモーション展開が行われ、

声優のアイドル化にも道を開いた先駆的作品。

プレディスク「ファーストウインド」は超プレミアが付く大人気、

様子見だった私も血迷って、本編を予約してまで手に入れてしまいました。

ところがこれが、キャラ原画と実際のゲーム画面との乖離が大きく、

出来もイマイチで、発売直後に人気が瞬く間に大暴落。

ゲーム史に残る企画倒れ、看板倒れ作品として知られています。

1203.jpg

日本全国の小中学校を転校で転々としていた主人公が、

差出人不明の手紙に妄想を膨らませ、春休みを利用して女の子に会いに行く。

頻繁に会えば好感度が上がり、長く会わなければせつなさ度が上がって、

せつなさ炸裂すれば無言電話攻撃をくらい、体力が削られる猟奇的内容。

最近、プレミアディスクが捨て値で手に入りちょっと嬉しい。

1204.jpg

EXILEがレコード大賞3年連続受賞殿堂入りという事で、AKBは来年狙い目。

新人賞は少女時代で鉄板かと思いきや、まさかのスマイレージ。

それにしても、K-POPがブームであるという事を報じる番組の方が、

グループ自体の番組露出よりも圧倒的に多い、不可思議な現象であった。

看板倒れと言えば、AKBとレベルが違うとの触れ込みのK-POPダンス。

全く同レベルにしか見えないし、あんなキレも躍動感も無いフリ認めない。

何より、日本の新人を発掘育成する手間と金を惜しんで、

安易に出来合いの輸入物で儲けようとする性根が気に食わない。

来年はPV「Happy Talk」でキレキレのダンスを披露したガールズユニット、

Happinessがメジャーデビューを控えているので、J-POPの底力を示して欲しい。

レコ大ついでに、中村中の「少年少女」優秀アルバム賞受賞は喜ばしい。

デビューしては埋もれていき不良債権化する中堅女性シンガー群の中で、

便器磨きの歌の植村花菜がブレイクしたのも心温まる話。

ただ、生きてる間にもうちょっと大切にしとけという話だけどな。
スポンサーサイト



フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

残り火ゲーマー

Author:残り火ゲーマー
非プレイ主義の世界へようこそ!

提案
ユニット自作の定番アイテム





検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード