FC2ブログ

ゲームジャーナル38号「賤ヶ岳戦役」

1331.jpg

ゲームジャーナル38号付属ゲームは、大河人気目当ての「賤ヶ岳戦役」。

ちょっとでも一般人をボードSLGの道に踏み外させようと、涙ぐましい努力。

放送で清洲会議を終えたこの時期に出版に至ったのは、誠に時宜を得ている。

しかし肝心の大河が、ちっとも振るわないみたいだけど。

ゲームマップは琵琶湖を取り囲み、越前・美濃・伊勢から連携を試みる柴田方と、

近江から出撃して各個撃破を図る羽柴方の、典型的な外線対内線。

打撃力に優れる柴田本隊と、機動力に優れる羽柴本隊との対照でもあります。

雪に阻まれて思うように行動できない柴田勝家を尻目にして、

羽柴秀吉・秀長が如何に効率的に機動するか、それが勝敗の分かれ目。

1332.jpg

のだめ姫はともかくとして、秀吉の扱いが悪い時点で「江」は無いな。

何だか昔に比べると、秀吉が全般的にサゲ評価気味なのが気にかかる。

個人的には、秀吉こそが戦国最強武将だと思うのだが。

弱兵を率いながら戦場で勝利を重ね、奇策を弄せず大軍に頼み、

戦略的機動をもって戦わずして既に勝利を決している。

農繁期を問わず行動可能な織田常備軍と、大軍を集中可能な秀吉の行軍能力は、

破壊力抜群の組み合わせ、戦国時代最強コンボと評するに相応しい。

小牧長久手なんて、たまたま家康が長生きしたから意味を持っただけの話。

ところで近年の秀吉サゲ評価は、もしかして朝鮮征伐のせい?

NHKや民放の異常な媚韓ぶりを見ていると、勘繰りたくもなる。
スポンサーサイト



フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

残り火ゲーマー

Author:残り火ゲーマー
非プレイ主義の世界へようこそ!

提案
ユニット自作の定番アイテム





検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード