FC2ブログ

嫌韓ブーム

夜中3時に目が覚めて朝生を見てしまい、不毛な議論に一日中眠い。

韓国女准教授は、「日韓双方の政治家が対立を煽っている」と指摘するが、

韓国は納得するとして、日本の政治家に韓国に厳しい者なんて居るか?

居るのは韓国に甘い政治家と、江田五月議員のように韓国に激甘な議員だけ。

芸能人大好き皇族末裔論客の、「日本は韓国に良い事をした」発言を、

「そんなのいいから」と、田原総一郎お得意の独善的ぶった切り司会術。

確かに日本統治下の韓国への施策を、どう思おうとも韓国人の勝手だが、

それを日本人がどのように感じるのかもまた、日本人の勝手である。

今までは、「足を踏んだ方は足を踏まれた方の痛みが分からない」という、

論理性の欠片も無い情緒的雰囲気が、日本の言論空間を支配していたが、

「大げさに痛がりすぎじゃね?」とか、「逆にそっちの方が足踏んでね?」とか、

封殺されてきた言論がネットを端緒に噴出したのが、昨今の嫌韓ブームな訳で。

少なくとも韓国に大甘な政治家の対応が、功を奏さなかったのが現実であり、

そこら辺の反省を踏まえてでなければ、何も始まらないと思うのだが。

スポンサーサイト



フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

残り火ゲーマー

Author:残り火ゲーマー
非プレイ主義の世界へようこそ!

提案
ユニット自作の定番アイテム





検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード